嶋田研: Home
English Page

嶋田和孝: 准教授


プロフィール

顔写真
名前嶋田和孝
生年月日1974年 7月24日
所属九州工業大学 情報工学部 知能情報工学科
知能情報メディア講座
部屋研究棟 E717
E-mail (スパム対策のため画像を使用. 全て小文字)

略歴

1993年 大分県立情報科学高等学校 卒業
1997年 大分大学 工学部 知能情報システム工学科 卒業
1999年 大分大学大学院 工学研究科 博士前期課程 修了
2002年 大分大学大学院 工学研究科 博士後期課程 単位取得満期退学
2002年 九州工業大学 情報工学部 知能情報工学科 助手
2003年 博士(工学)(大分大学)
2007年 九州工業大学 情報工学部 知能情報工学科 助教 (職名の変更)
2012年 九州工業大学 大学院情報工学研究院 知能情報工学研究系 准教授
2014年10月 - 2015年8月 Visiting associate professor at Natural Language Processing group: UBC (The University of British Columbia, Vancouver, CANADA)

学会活動

所属学会

言語処理学会,電子情報通信学会,情報処理学会,人工知能学会,観光情報学会

国際会議委員

PACLING 2015 Program Committee Members
PACLING 2013 Program Committee Members
PACLING 2011 Program Committee Members
PACLING 2009 Program Committee Members
PACLING 2005 Program Committee Members
Artificial Intelligence for Tourism (AI4Tourism) Program Committee
CCAI-GSS-2016 (29th Canadian Conference on Artificial Intelligence Graduate Student Symposium) program committee members
7th IIAI ESKM 2016 Program Committee Members
6th IIAI ESKM 2015 Program Committee Members
5th IIAI ESKM 2014 Program Committee Members
4th IIAI ESKM 2013 Program Committee Members
3rd IIAI ESKM 2012 Program Committee Members
Special Session "Tourism Information and Its Application" Organizer @ ESKM2012

国内会議委員

電子情報通信学会 言語理解とコミュニケーション研究専門委員会 副委員長 (2017.5-)
電子情報通信学会 言語理解とコミュニケーション研究専門委員会 幹事 (2016.5-2017.4)
電子情報通信学会 言語理解とコミュニケーション研究専門委員会 幹事補佐 (2014.5-2016.4)
電子情報通信学会 言語理解とコミュニケーション研究専門委員会 専門委員 (2010.5-2014.4)
観光情報学会 編集委員(2016.1-)
言語処理学会 第21回年次大会 プログラム委員
言語処理学会 第20回年次大会 プログラム委員
NLP若手の会 第4回シンポジウム プログラム委員
NLP若手の会 第3回シンポジウム プログラム委員
平成22年度電子情報通信学会九州支部 第18回 学生会講演会 協力教員
平成21年度電気関係学会九州支部連合大会 開催地実行委員
平成21年度電子情報通信学会九州支部 第17回 学生会講演会 協力教員

査読

以下の論文誌の査読を不定期に担当しています.
電子情報通信学会,言語処理学会,人工知能学会,日本知能情報ファジィ学会,観光情報学会, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Infomatics (JACIII)

担当講義

  • 学部:
    1年前期・プログラミング (2014 - )
    3年前期(第1Q)・言語処理工学 (2017 - )
    3年前期(第2Q)・データベース理論 (2013 - ) ※2016年度 Lectures of the Year 受賞
    3年後期・知能情報工学実験演習III:Webプログラミング (2002 - )
  • 大学院:
    言語処理工学特論 (2017 - )
    自然言語処理特論I (2013 - )
  • 過去の講義:
    1年前期・プログラミング (2002 - 2013: 補助として)
    3年前期・知能情報工学実験演習II:レイトレーシング・C++演習 (2002 - 2011)

受賞

第1著者として

言語理解とコミュニケーション研究会 2012年 優秀研究賞

指導学生

山村 崇: 言語処理学会言語資源賞, 2017
山村 崇: 学生会講演奨励賞, 2014
Katsuya Sakaguchi: Session Best Paper Award @ ISIS2013
Kazuaki Komatsu: Session Best Presentation @ IWACIII2011
横山貴彦: 学生会講演奨励賞, 2009
元吉大介: 学生奨励賞 @ 情報処理学会 第71回全国大会, 2009
河野勇介: 奨励賞 @ 火の国シンポジウム2007
筬島郁子: 奨励賞 @ 火の国シンポジウム2005

研究内容

言語処理の研究を中心に,マルチモーダル情報理解のために,必要に応じて音声や画像処理の研究をしています. 現在の研究トピックを以下に示します. 過去の研究などについては,発表論文過去のトピックを参考にしてください.
研究内容・ポスター[pdf (2014)][pdf2 (2016)]

評判分析

Web上のレビューサイトや批評サイト,blogやtwitterなどから,評価情報を抽出し,その内容を分析する手法について研究しています.具体的には,情報の肯定性・否定性判断や不具合情報の抽出,得られた情報を利用した情報要約の枠組みについて研究を行っています(Tsutsumi2007, Shimada2008, Nakamuta2015).情報の内容を理解する過程で,書き手の属性を広い意味での文脈情報として捉えて,より正確な手法を考察しています.例えば,情報の肯定性・否定性判断において「\(^O^)/」という顔文字は直感的には肯定的な意味を持ちますが,ネットスラングをよく利用する人の場合「人生オワタ\(^O^)/」のように否定的な意味を持つことがあります.このような書き手の情報を考慮した分析手法を提案・評価しています(Maede2012).また,これらの研究結果を利用した情報の可視化や評判要約の研究を進めています(Shimada2011, 嶋田2014, Kurihara2015).他にも,国や地域によって異なる評価の観点の抽出や分析に関する研究をしています(王2016).


対話理解

多人数による対話環境を想定し,対話の場の盛り上がりを検知したり(嶋田2012),参加者の理解度を推定したりする手法について研究(Takagi2014)をしています.これらの技術を使うことで,対話参加者の興味推定や対話の理解支援が可能になります.具体的には,発話された内容の言語的な解析や笑い声や声の大きさといった非言語情報の解析などを行い,統合的に理解します.また,画像処理により,人間の動作などを分析し(Sakaguchi2014).,言語情報などと統合して,対話の理解度などを推定します.さらにタブレット端末を利用した対話環境を構築し,タブレット端末,対話の内容,参加者の行動などを踏まえた円滑な対話支援システムの構築を進めています(桐木平2015).


対話理解のタスクの一つとして,対話内容の要約技術に関する研究も進めています(Tokunaga 2014, 山村2015).この研究の中では,対話におけるトピックの推定や対話の構造の推定,重要な内容の推定を経て,文の生成モデルに基づく対話要約を検討しています.

Kyutechコーパス

この研究に関する言語資源の一部は Kyutechコーパス として公開されています(嶋田2016, Yamamura2016, 山村2017)

本研究の一部は言語処理学会第23回年次大会言語資源賞(言語資源協会との共同事業)を受賞しました.ありがとうございました.

含意関係認識

2つの文が与えられ,片方の文が真であるとき,もう片方の文が真であるかを判別する研究(含意関係認識)を行っています.このような含意関係を認識する場合,最も一般的な手法は,2つの文の単語の一致率などを利用することですが,それだけでは解けない問題がたくさんあります.そのために単語間の意味的な連想関係や文の構文および意味レベルでの一致率などを計算し,含意関係を判定する手法などについて研究しています.過去にNTCIRのRITE2およびRITE-VALに参加しています.現在はその発展として,大学入試問題(社会)を解くタスクであるQA-Labにも参加しています(Shimada2013, Morimoto2014, Fukamachi2016).

研究業績

 1997-2002. 3 @ 大分大学,2002 . 4 - now @ 九工大

論文誌・国際会議

  1. The Kyutech corpus and the topic segmentation using a combined method [pdf]
    • Takashi Yamamura, Kazutaka Shimada and Shintaro Kawahara
    • Proceedings of the 12th Workshop on Asian Language Resources, pp. 95-104, 2016.

  2. Generating abstractive summaries of sports games from Japanese tweets [link]
    • Yuuki Tagawa and Kazutaka Shimada
    • Proceedings of the 7th International Conference on E-Service and Knowledge Management (ESKM 2016), 2016.

  3. A Sarcasm Extraction Method Based on Patterns of Evaluation Expressions [link]
    • Satoshi Hiai and Kazutaka Shimada
    • Proceedings of the 7th International Conference on E-Service and Knowledge Management (ESKM 2016), 2016.

  4. Stock market prediction from news on the Web and a new evaluation approach in trading [link]
    • Ko Ichinose and Kazutaka Shimada
    • Proceedings of the 7th International Conference on E-Service and Knowledge Management (ESKM 2016), 2016.

  5. KitAi-QA: a Question Answering System for NTCIR-12 QALab-2 (* Oral presentation and Unrefereed publication) [pdf]
    • Shuji Fukamachi and Kazutaka Shimada
    • Proceedings of the 12th NTCIR Conference , QALab2, 2016.

  6. Trouble information extraction based on a bootstrap approach from Twitter [pdf]
    • Kohei Kurihara and Kazutaka Shimada
    • Proceedings of the 29th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC29), pp.471-479, 2015.

  7. Multi-aspects Rating Prediction Using Aspect Words and Sentences [pdf]
    • Takuto Nakamuta and Kazutaka Shimada
    • Proceedings of the 29th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC29), pp.513-521, 2015.

  8. Extractive Summarization Based on a Combined Method Using Several Features for Multi-Party Conversation [pdf]
    • Yo Tokunaga and Kazutaka Shimada
    • ACIS International Journal of Computer and Information Science, Vol. 16, No. 2, pp. 12-21, 2015.

  9. On-site likelihood identification of tweets using a two-stage method [link]
    • Kazutaka Shimada, Yurie Onitsuka, Shunsuke Inoue and Tsutomu Endo
    • Tourism Informatics: Towards novel knowledge based approaches, Springer, pp.77-90, 2015.

  10. The effectiveness of time sequence information on a sightseeing spot recommender [link]
    • Kazutaka Shimada, Hisashi Uehara and Tsutomu Endo
    • Tourism Informatics: Towards novel knowledge based approaches, Springer, pp.135-150, 2015.

  11. KitAi-VAL: Textual Entailment Recognition System for NTCIR-11 RITE-VAL [paper] [poster] (*Unrefereed publication)
    • Ayaka Morimoto, Kenta Kurashima, Yo Tokunaga and Kazutaka Shimada
    • Proceedings of the 11th NTCIR Conference , 2014.

  12. Understanding level estimation using discussion maps for supporting consensus-building [link]
    • Hironobu Takagi and Kazutaka Shimada
    • 18th International Conference in Knowledge Based and Intelligent Information and Engineering Systems - KES2014, pp. 786-793, 2014.

  13. A comparative study of potential-of-interest days on a sightseeing spot recommender [link]
    • Kazutaka Shimada, Hisashi Uehara and Tsutomu Endo
    • Proceedings of International Workshop on Sustainable Tourism Innovations and Information Systems (IIAI-STIIS2014), pp. 555-560, 2014.

  14. Multi-party conversation summarization based on sentence selection using verbal and nonverbal information [link]
    • Yo Tokunaga and Kazutaka Shimada
    • Proceedingd of the 2nd International Conference on Smart Computing and Artificial Intelligence (IIAI-ICSCAI 2014), pp.464-469, 2014

  15. 集合知に基づく観光地推薦システムの構築 [paper]
    • 嶋田 和孝, 上原 尚, 遠藤 勉
    • 観光情報学会「観光と情報」, 第10巻, 第1号, pp.113-124, 2014.

  16. Person Identification Using Top-View Image with Depth Information [link]
    • Daichi Kouno, Kazutaka Shimada and Tsutomu Endo
    • International Journal of Software Innovation (IJSI) , Vol. 1, Issue 2, pp.67-79, 2013.
      *This article is an extend version of SNPD2012.

  17. Cooperation Level Estimation of Pair Work Using Top-view Image [paper] Session Best Paper Award
    • Katsuya Sakaguchi and Kazutaka Shimada
    • Soft Computing in Intelligent Control, Advances in Intelligent Systems and Computing Volume 272, pp 77-87, 2014.

  18. Conversation summarization using machine learning and scoring method [paper]
    • Kazutaka Shimada, Shinpei Toyodome, and Tsutomu Endo
    • Proceedings of the 13th Conference of the Pacific Association for Computational Linguistics (PACLING2013), 2013.

  19. KitAi: Textual Entailment Recognition System for NTCIR-10 RITE2 [paper] [poster] (*Unrefereed publication)
    • Kazutaka Shimada, Yasuto Seto, Mai Omura and Kohei Kurihara
    • Proceedings of the 10th NTCIR Conference , 2013.

  20. Twitter Sentiment Analysis Based on Writing Style [link]
    • Hiroshi Maeda, Kazutaka Shimada and Tsutomu Endo
    • Advances in Natural Language Processing (Proceedings of 8th International Conference on Natural Language Processing JapTAL 2012), LNAI 7614, pp. 278-288, 2012

  21. A Combined Method Based on SVM and Online Learning with HOG for Hand Shape Recognition [link]
    • Kazutaka Shimada, Ryosuke Muto, and Tsutomu Endo
    • Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol.16, No.5, pp. 687-695, 2012.

  22. A Person Identification Method Using a Top-view Head Image from an Overhead Camera [link]
    • Ryota Nakatani, Daichi Kouno, Kazutaka Shimada, Tsutomu Endo
    • Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol.16, No.5, pp. 696-703, 2012.

  23. On-site likelihood identification of tweets for tourism information analysis [pdf]
    • Kazutaka Shimada, Shunsuke Inoue and Tsutomu Endo
    • Proceedings of 3rd IIAI International Conference on e-Services and Knowledge Management (IIAI ESKM 2012)

  24. Person Identification Using Top-view Image with Depth Information [link]
    • Daichi Kouno, Kazutaka Shimada and Tsutomu Endo
    • Proceedings of 13th ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing (SNPD 2012), pp. 140-145, 2012.

  25. Developing of Interactive e-Learning System with Dialogue [link]
    • Sayaka Minewaki, Kazutaka Shimada and Tsutomu Endo
    • Proceedings of ICIS '12 and the 2012 IEEE/ACIS 11th International Conference on Computer and Information Science, pp. 272-276, 2012.

  26. Multi-aspects review summarization with objective information [link]
    • Kazutaka Shimada, Ryosuke Tadano, Tsutomu Endo
    • Procedia: Social and Behavioral Sciences, Special Issues - Computational Linguistics and Related Fields, Vol. 27, pp. 140-149, 2011.

  27. Aspect Identification of Sentiment Sentences Using A Clustering Algorithm [link]
    • Masashi Hadano, Kazutaka Shimada, Tsutomu Endo
    • Procedia: Social and Behavioral Sciences, Special Issues - Computational Linguistics and Related Fields, Vol. 27, pp. 22-31, 2011.

  28. Analyzing Tourism Information on Twitter for a Local City [link]
    • Kazutaka Shimada, Shunsuke Inoue, Hiroshi Maeda and Tsutomu Endo
    • Proceedings of SSNE2011, International Workshop on Innovative Tourism, 2011.

  29. A person identification method using facial, clothing and time feature [pdf]
    • Kazuaki Komatsu, Kazutaka Shimada and Tsutomu Endo
    • Proceedings of 2nd International Workshop on Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics (IWACIII2011), GS4-2, 2011. (Session Best Presentation)

  30. A Person Identification Method Using a Top-view Head Image from an Overhead Camera [pdf]
    • Ryota Nakatani, Daichi Kouno, Kazutaka Shimada and Tsutomu Endo
    • Proceedings of 2nd International Workshop on Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics (IWACIII2011), SS4-1, 2011.

  31. A Combined Method Based on SVM and Online Learning with HOG for Hand Shape Recognition [pdf]
    • Kazutaka Shimada, Ryosuke Muto and Tsutomu Endo
    • Proceedings of 2nd International Workshop on Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics (IWACIII2011), SS4-3, 2011.

  32. Multi-aspects Review Summarization with Objective Information [pdf]
    • Kazutaka Shimada, Ryosuke Tadano and Tsutomu Endo
    • Proceedings of the 12th Conference of the Pacific Association for Computational Linguistics (PACLING2011), 2011

  33. Aspect Identification of Sentiment Sentences Using a Clustering Algorithm [pdf]
    • Masashi Hadano, Kazutaka Shimada and Tsutomu Endo
    • Proceedings of the 12th Conference of the Pacific Association for Computational Linguistics (PACLING2011), 2011

  34. 顔特徴とコンテキスト情報に基づく人物識別 [PDF]
    • 山口純平, 嶋田和孝, 榎田修一, 江島俊朗, 遠藤 勉
    • 日本知能情報ファジィ学会誌, 知能と情報, Vol. 23, No. 2, pp.13-21, 2011.

  35. Interactive Aspect Summarization Using Word-Aspect Relations for Review Documents [pdf]
    • Shimada Kazutaka, Yamaumi Masashi, Tadano Ryosuke, Hadano Masashi, Endo Tsutomu
    • Proceedings of the 5th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 11th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS & ISIS 2010), TH-A3-4, pp.183-188, 2010.

  36. Combination of 3 types of speech recognizers for anaphora resolution [pdf]
    • Kazutaka Shimada, Noriko Tanamachi and Tsutomu Endo
    • Proceedings of the 24nd Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC24), pp. 281-290, 2010.

  37. Multi-aspects Review Summarization Based on Identification of Important Opinions and their Similarity [pdf]
    • Ryosuke Tadano, Kazutaka Shimada and Tsutomu Endo
    • Proceedings of the 24nd Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC24), pp. 685-692, 2010.

  38. A Hierarchical Multiple Recognizer for Robust Speech Understanding [LNCS]
    • Takahiko Yokoyama, Kazutaka Shimada and Tsutomu Endo
    • Proceedings of The Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence (PRICAI),LNAI 6230, pp. 706-712, 2010.

  39. Web image retrieval for abstract queries using text and image information [LNCS]
    • Kazutaka Shimada, Suguru Ishikawa and Tsutomu Endo
    • Proceedings of The Fifth Asia Information Retrieval Symposium (AIRS 2009), LNCS 5839, Springer, pp.300-309, 2009.

  40. Speech Understanding in a Multiple Recognizer with an Anaphora Resolution Process [pdf]
    • Kazutaka Shimada, Akira Uzumaki, Mai Kitajima and Tsutomu Endo
    • Proceedings of the 11th Conference of the Pacific Association for Computational Linguistics (PACLING2009), pp. 262-267, 2009.

  41. Effective construction and expansion of a sentiment corpus using an existing corpus and evaluative criteria estimation [pdf]
    • Ryosuke Tadano, Kazutaka Shimada and Tsutomu Endo
    • Proceedings of the 11th Conference of the Pacific Association for Computational Linguistics (PACLING2009), pp.211-216, 2009.

  42. A Graph-based Approach for Sentiment Sentence Extraction [LNCS]
    • Kazutaka Shimada, Daigo Hashimoto and Tsutomu Endo
    • Lecture Notes in Artificial Intelligence, Vol. 5433, New Frontiers in Applied Data Mining, PAKDD 2008 International Workshops, Revised Selected Papers, pp. 38-48, 2009.

  43. Sentiment Sentence Extraction Using a Hierarchical Directed Acyclic Graph Structure and a Bootstrap Approach [pdf]
    • Kazutaka Shimada, Daigo Hashimoto and Tsutomu Endo
    • Proceedings of the 22nd Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC22), pp.341-349, 2008.

  44. An Effective Speech Understanding Method with a Multiple Speech Recognizer based on Output Selection using Edit Distance [pdf]
    • Kazutaka Shimada, Satomi Horiguchi and Tsutomu Endo
    • Proceedings of the 22nd Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC22), pp.350-357, 2008.

  45. A Graph-based Approach for Sentiment Sentence Extraction [pdf]
    • Kazutaka Shimada, Daigo Hashimoto and Tsutomu Endo
    • First International Workshop on Algorithms for Large-Scale Information Processing in Knowledge Discovery (ALSIP 2008), Working Note, pp. 42-51, 2008.

  46. Seeing several stars: a rating inference task for a document containing several evaluation criteria [LNCS]
    • Kazutaka Shimada and Tsutomu Endo
    • Proceedings of the 12th Pacific-Asia Conference on Knowledge Discovery and Data Mining (PAKDD 2008), pp. 1006-1014, 2008.

  47. Acquisition of Synonyms Using Relations in Product Specification Tables [link]
    ** This article is the English version of IEICE Transaction Vol. J89-D, No. 9 (2006) ** [here]
    • Tsunehito Seki, Kazutaka Shimada and Tsutomu Endo
    • Systems and Computers in Japan, Vol. 38, No. 12, pp. 25-36, 2007.

  48. Movie Review Classification Based on a Multiple Classifier [pdf]
    • Kimitaka Tsutsumi, Kazutaka Shimada and Tsutomu Endo
    • Proceedings of the 21st Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC21), pp. 481-488, 2007.

  49. A case study of comparison of several methods for corpus-based speech intention identification [pdf]
    • Kazutaka Shimada, Kaoru Iwashita and Tsutomu Endo
    • Proceedings of the 10th Conference of the Pacific Association for Computational Linguistics (PACLING2007), pp. 255-262, 2007.

  50. Speech Understanding Based on Keyword Extraction and Relations Between Words [link]
    • Kazutaka Shimada, Tsutomu Endo and Sayaka Minewaki
    • Computational Intelligence, Vol. 23, No. 1, pp. 45-60, 2007.

  51. 表の属性と属性値の関係を利用した類義語抽出 [link]
    • 関 恒仁,嶋田和孝,遠藤 勉
    • 電子情報通信学会論文誌, D, Vol. J89-D, No. 9, pp.2087-2100, 2006.

  52. Table Recognition Using Attribute Likelihood Computed from Words [pdf]
    • Tsubasa Kitayama, Kazutaka Shimada and Tsutomu Endo
    • Fourth Workshop on Learning with Logics and Logics for Learning (LLLL2006), the 20th Annual Conference of the Japanese Society for Artificial Intelligence, 2006.

  53. Speech Understanding Using Confidence Measures and Dependency Relations [pdf]
    • Kazutaka Shimada, Yoshitaka Uchida, Shizue Sato, Sayaka Minewaki and Tsutomu Endo
    • Proc. of PACLING2005, pp. 278-283, 2005. 8.

  54. Acquisition of new training data from unlabeled data for product specifications extraction [pdf]
    • Kazutaka Shimada and Tsutomu Endo
    • Proc. of PACLING2005, pp. 272-277, 2005. 8.

  55. Interpretation of Utterances based on Relevance Theory: Toward the Formalization of Implicature with the Maximum Relevance [pdf]
    • Sayaka Minewaki, Kazutaka Shimada and Tsutomu Endo
    • Proc. of PACLING2005, pp. 214-222, 2005. 8.

  56. SVMおよびTransductive SVMを用いた製品スペック情報の抽出 [pdf]
    • 嶋田 和孝,林 晃司,遠藤 勉
    • 自然言語処理 Vol.12 No.3 pp. 43-66 2005.

  57. Product Specifications Summarization and Product Ranking System using User's Requests [pdf]
    - Revised Version of 13th European-Japanese Conference -
    • Kazutaka Shimada and Tsutomu Endo
    • Information Modelling and Knowledge Bases XV, IOS Press, pp. 315-331, 2004. 3.

  58. Multiform Summarization from Product Specifications [pdf]
    • Kazutaka Shimada, Tetsuro Ito and Tsutomu Endo
    • Proc. of PACLING2003, pp. 83-92, 2003. 8.

  59. Keyword and Weighting for Product Specifications Extraction [pdf]
    • Kazutaka Shimada, Koji Hayashi and Tsutomu Endo
    • Proc. of PACLING2003, pp. 285-293, 2003. 8.

  60. Information Extraction from Personal Computer Specifications on the Web Using a User's Request [pdf]
    • Kazutaka Shimada, Atsushi Fukumoto and Tsutomu Endo
    • IEICE Transactions on Information and Systems, Vol E86-D, No. 8, pp. 1386-1395, 2003. 8.

  61. Product Specifications Summarization and Product Ranking System using User's Requests
    • Kazutaka Shimada and Tsutomu Endo
    • Pre-Proceedings of the 13th European-Japanese Conference on Information Modelling and Knowledge Bases, pp. 333-349, 2003. 6.

  62. Classification of Images using Their Neighboring Sentences [pdf]
    • Kazutaka Shimada, Tetsuro Ito and Tsutomu Endo
    • Proc. of PACLING2001, pp. 250-256, 2001. 9.

  63. Information Extraction from Specifications on the World Wide Web
    • Atsushi Fukumoto, Tsutomu Endo and Kazutaka Shimada
    • Proc. of PACLING2001, pp. 109-116, 2001. 9.

  64. 対話支援型問題解決システムにおける発話文生成機構と文脈処理 [pdf]
    • 遠藤 勉, 賀川 経夫, 嶋田 和孝
    • 電子情報通信学会論文誌, D-II, Vol.J83-D-II, No.8, pp. 1783-1795, 2000. 8.

研究会など

  1. 複数人対話における議論の取りまとめ役の推定
    • 塩田 宰, 山村 崇, 嶋田 和孝
    • 第25回電子情報通信学会九州支部 学生会講演会, D-12, 2017.

  2. 要約コストと矛盾検出に基づく大学入試センター試験世界史科目解答システム
    • 深町 修史, 徳永 陽, 嶋田 和孝
    • 電子情報通信学会, 言語理解とコミュニケーション研究会 (NLC), NLC2017-10, pp. 53-58, 2017.

  3. Kyutechコーパスにおける抜粋要約のアノテーションと分析 [pdf] (言語資源賞)
    • 山村 崇, 嶋田 和孝
    • 言語処理学会第23回年次大会(NLP2017), P2-7, pp. 146-149, 2017.

  4. 偏りのある特徴語を考慮した皮肉の検出 [pdf]
    • 肥合 智史, 嶋田 和孝
    • 言語処理学会第23回年次大会(NLP2017), P17-3, pp. 990-993, 2017.

  5. テンプレートの自動生成によるイニングの要約文生成 [pdf]
    • 田川 裕輝, 嶋田 和孝
    • 言語処理学会第23回年次大会(NLP2017), B7-3, pp. 1125-1128, 2017.

  6. 専門家記事と機械学習に基づくWebニュースからの日経平均株価予測
    • 一瀬 航, 嶋田 和孝
    • 電子情報通信学会, 言語理解とコミュニケーション研究会 (NLC), 第10回テキストマイニングシンポジウムシンポジウム, 2017.

  7. Kyutech コーパスにおける発話意図タグの設計と分析
    • 日野 優登, 山村 崇, 嶋田 和孝
    • 電子情報通信学会, 言語理解とコミュニケーション研究会 (NLC), 第3回自然言語処理シンポジウム, 2016.

  8. 議論マップを用いた議論におけるフィードバック機能の構築と検証 [pdf]
    • 桐木平 龍之介, 嶋田 和孝
    • HCGシンポジウム2016, I-1-8, pp.297-302, 2016.

  9. マイクロブログを対象としたスポーツの試合における生成型要約 [pdf]
    • 田川 裕輝, 嶋田 和孝
    • 電子情報通信学会, 言語理解とコミュニケーション研究会 (NLC), NLC2016-8, pp. 35-40, 2016.

  10. Twitterから抽出された不具合情報の可視化と分析 [pdf]
    • 諸正梨乃, 栗原 光平, 嶋田 和孝
    • 電子情報通信学会, 言語理解とコミュニケーション研究会 (NLC), NLC2016-10, pp. 47-52, 2016.

  11. 語彙的連鎖とトピックモデルに基づくテキストセグメンテーション [pdf]
    • 山村 崇, 嶋田 和孝
    • 言語処理学会第22回年次大会(NLP2016), P14-6, pp. 569-572, 2016

  12. 事象の意味と時間関係の偏りを考慮した時間的順序関係推定 [pdf]
    • 高木 宏伸, 嶋田 和孝
    • 言語処理学会第22回年次大会(NLP2016), P16-7, pp. 993-996, 2016

  13. Kyutechコーパス:意思決定タスクを対象とした複数人対話コーパス [pdf] [poster]
    • 嶋田 和孝, 山村 崇, 河原 真太郎, Giuseppe Carenini, Raymond Ng
    • 言語処理学会第22回年次大会(NLP2016), P19-7, pp. 1097-1100, 2016

  14. テキストマイニングシンポジウムでの発表内容と言語処理技術
    • 竹内 孔一 (岡山大), 金山 博 (日本IBM), 市瀬 眞 (NTTドコモ), 榊 剛史 (ホットリンク), 渡辺 靖彦 (龍谷大), 東中 竜一郎 (NTT), 嶋田 和孝 (九工大)
    • 言語処理学会第22回年次大会(NLP2016), ワークショップ:言語処理の応用, 2016

  15. 音声情報を用いた複数人自由対話における重要文抽出 [pdf]
    • 河原 真太郎, 山村 崇, 嶋田 和孝
    • 火の国情報シンポジウム2016, 4A-2, 2016

  16. 評価表現に着目した皮肉文の分析と抽出 [pdf]
    • 肥合 智史, 嶋田 和孝
    • 火の国情報シンポジウム2016, 4A-1, 2016

  17. レビュー分析における日中間の評価の差異検出 [pdf]
    • 王 全, 嶋田 和孝
    • 電子情報通信学会, 言語理解とコミュニケーション研究会 (NLC), 第8回テキストマイニング・シンポジウム, 2015.

  18. タブレット端末を用いた議論の合意形成支援システムの開発 [pdf]
    • 桐木平 龍之介,嶋田 和孝,Giuseppe Carenini
    • 人工知能学会 第75回 先進的学習科学と工学研究会(SIG-ALST), 2015.

  19. フィルタリングと機械学習に基づくWEBニュースからの日経平均株価予測 [pdf]
    • 一瀬 航, 嶋田 和孝
    • 電子情報通信学会, 言語理解とコミュニケーション研究会 (NLC), 2015.

  20. 時間情報とテキストセグメンテーションに基づく複数人対話要約手法 [pdf]
    • 山村 崇, 徳永 陽, 嶋田 和孝
    • 電子情報通信学会, 言語理解とコミュニケーション研究会 (NLC), 2015.

  21. ブートストラップ法を用いたTwitter からの不具合文抽出 [pdf]
    • 栗原 光平, 嶋田 和孝
    • 言語処理学会第21回年次大会(NLP2015), A2-1, 2015

  22. 事象間の接続関係に基づく時間的順序関係推定 [pdf]
    • 高木 宏伸, 嶋田 和孝
    • 言語処理学会第21回年次大会(NLP2015), P1-14, 2015

  23. 発話タイミングに注目した複数人自由対話要約手法の検討 [pdf] (学生会講演奨励賞)
    • 山村 崇, 徳永 陽, 嶋田 和孝
    • 2014年度電子情報通信学会九州支部学生会講演会, D-38, 2014.

  24. エラー分析に基づく含意関係認識システムの改良 [pdf]
    • 森元 彩華, 嶋田 和孝
    • 2014年度電子情報通信学会九州支部学生会講演会, D-37, 2014.

  25. 写真共有サイトを利用した観光ポテンシャルデイズの抽出 [pdf]
    • 嶋田 和孝, 上原 尚, 遠藤 勉
    • 第11回観光情報学会 全国大会, pp.42-43, 2014.

  26. 前後文脈を考慮したTweetの現地性判断 [pdf]
    • 鬼塚友里絵, 嶋田和孝
    • 電子情報通信学会, 言語理解とコミュニケーション研究会 (NLC), NLC2014-5, pp.23-28, 2014..

  27. ルールと機械学習を用いたTwitterからの不具合情報の抽出 [pdf]
    • 栗原 光平, 嶋田 和孝
    • 電子情報通信学会, 言語理解とコミュニケーション研究会 (NLC), NLC2014-1, pp.1-6, 2014.

  28. 非言語情報と重要文の選定に基づく複数人自由対話要約手法の改善 [pdf]
    • 徳永 陽, 嶋田 和孝
    • 言語処理学会第20回年次大会, P6-18, pp.642-645, 2014.

  29. タブレット端末を用いた議論状態の管理と合意形成支援ツールの試作 [pdf]
    • 高木 宏伸, 嶋田 和孝
    • HCGシンポジウム2013, I-1-15, 2013.

  30. Twitterを対象とした不具合情報の抽出 [pdf]
    • 栗原 光平, 嶋田 和孝
    • 電気学会 第56回情報システム研究会, IS-13-049, 2013.

  31. 二人組共同作業における頭上カメラを用いた協力度推定 [pdf]
    • 坂口 勝哉, 嶋田 和孝
    • 人工知能学会 第68回 先進的学習科学と工学研究会 (SIG-ALST), 2013.

  32. 複数人におけるクイズ対話を対象とした主観的難易度の推定 [pdf]
    • 大村 舞, 嶋田 和孝
    • 電子情報通信学会, 言語理解とコミュニケーション研究会 (NLC), NLC2013-2, pp. 7-14, 2013.

  33. 話者の頭部及び姿勢変化に着目した複数人対話分析 [pdf]
    • 小松 和朗,嶋田 和孝,遠藤 勉
    • 火の国情報シンポジウム2013, B-5-1, 2013.

  34. Web上に混在する観光情報を活用した観光地推薦システム [pdf]
    • 上原 尚, 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 電子情報通信学会, 言語理解とコミュニケーション研究会 (NLC), 第4回集合知シンポジウム, NLC2012-35, pp. 13-18, 2012.

  35. 多人数インタラクションにおける頭上カメラを利用した協力度の推定 [pdf]
    • 坂口 勝哉, 嶋田 和孝, 遠藤 勉
    • 第20回電子情報通信学会九州支部学生会, D-42, 2012.

  36. クイズ対話における問題の難易度と発話との関係分析 [pdf]
    • 大村 舞, 嶋田 和孝, 遠藤 勉
    • 第20回電子情報通信学会九州支部学生会, D-13, 2012.

  37. 多人数インタラクション評価のための姿勢推定 [pdf]
    • 小松 和朗, 嶋田 和孝, 遠藤 勉
    • 電子情報通信学会, ヒューマンコミュニケーション基礎研究会(HCS), Vol. 112, No. 176, pp. 25-30, 2012.

  38. 深度情報を利用した頭上方向画像からの人物識別 [pdf]
    • 香野 大地, 嶋田 和孝, 遠藤 勉
    • 第15回 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU), IS1-34, 2012.

  39. 複数人談話における笑いの情報を考慮した盛り上がり判定 [pdf] 優秀研究賞
    • 嶋田 和孝, 楠本 章裕, 横山 貴彦, 遠藤 勉
    • 電子情報通信学会, 言語理解とコミュニケーション研究会 (NLC), VOl. 112, No. 110, NLC2012-7, pp.25-30, 2012.

  40. Twitterを対象とした観光情報の現地性判断 [pdf]
    • 嶋田 和孝, 井上 俊右, 遠藤 勉
    • 観光情報学会第9回全国大会, 2012.

  41. 複数人談話における言語情報と非言語情報を利用した盛り上がり判定 [pdf]
    • 横山 貴彦, 嶋田 和孝, 遠藤 勉
    • 言語処理学会第18回年次大会(NLP2012), P1-25, pp. 291-294, 2012.

  42. 文体の違いを考慮したマイクロブログの極性判定 [pdf]
    • 前田 裕, 嶋田 和孝, 遠藤 勉
    • 言語処理学会第18回年次大会(NLP2012), P3-10, pp. 1110-1113, 2012.

  43. 観光情報マイニングのための地域情報の獲得 [pdf]
    • 井上 俊右, 嶋田 和孝, 遠藤 勉
    • 第19回電子情報通信学会九州支部学生会, D-37, 2011.

  44. シード表現を用いたマイクロブログに存在する観光情報の極性判定 [pdf]
    • 前田 裕, 井上 俊右, 嶋田 和孝, 遠藤 勉
    • 第19回電子情報通信学会九州支部学生会, D-38, 2011.

  45. 深度情報を利用した頭上方向画像からの付属品情報の抽出 [pdf]
    • 香野 大地, 中谷 良太, 嶋田 和孝, 遠藤 勉
    • 第19回電子情報通信学会九州支部学生会, D-56, 2011.

  46. 地方都市を対象とした観光情報の分析に向けて [pdf]
    • 嶋田 和孝, 前田 裕, 井上 俊右, 遠藤 勉
    • 観光情報学会 第3回研究発表会, pp. 8-13, 2011.

  47. 頭上方向から撮影されたカメラ画像を利用した人物識別 [pdf]
    • 中谷 良太, 香野 大地, 嶋田 和孝, 遠藤
    • 第14回 画像の認識理解シンポジウム MIRU2011, IS2-14, pp. 593-598, 2011.

  48. コンテキスト情報を利用した人物識別の改良と機械学習の適用 [pdf]
    • 小松 和朗, 嶋田 和孝, 遠藤 勉
    • 第14回 画像の認識理解シンポジウム MIRU2011, IS2-19, pp. 623-630, 2011.

  49. 意見の重要度と客観的補足情報を考慮したレビュー要約 [pdf]
    • 唯野良介, 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 言語処理学会第17回年次大会(NLP2011), P1-12, pp.204-207, 2011.

  50. 対話型e-Learningシステムの開発
    • 峯脇 さやか, 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 言語処理学会第17回年次大会(NLP2011), B4-2, pp. 916-919, 2011.

  51. 対話型ロボットのための複数の音声認識器を利用した発話理解 [pdf]
    • 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 第60回 人工知能学会 言語・音声理解と対話処理研究会, SIG-SLUD-B002-06, pp. 27-30,2010.

  52. 学会プログラムの作成支援手法の検討 [pdf]
    • 唯野良介, 前田 裕, 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 第18回電子情報通信学会九州支部学生会, D-11, 2010.

  53. 頭上方向からのカメラ画像を用いた人物識別 [pdf]
    • 中谷 良太, 香野 大地, 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 第18回電子情報通信学会九州支部学生会, D-42, 2010.

  54. 頭上方向からのカメラ画像を用いた付属品抽出 [pdf]
    • 香野 大地, 中谷 良太, 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 第18回電子情報通信学会九州支部学生会, D-43, 2010.

  55. 衣服情報を利用した人物識別における輝度勾配特徴量の適用 [pdf]
    • 小松 和朗, 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 第18回電子情報通信学会九州支部学生会, D-44, 2010.

  56. 施設内生活支援ロボット知能の研究開発 -作業知能モジュール群の有効性検証(第2報)-
    • 中村高幸, 足立勝, 村上剛司, 長谷川勉, 嶋田和孝, 大橋健, 川端聡, 丸山健一, 辻徳生, 原田研介
    • 第28回日本ロボット学会学術講演会, 3P1-3, 2010.

  57. クラスタリングを利用した評価文のアスペクト推定 [pdf]
    • 波多野 匡, 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • FIT2010 第9回情報科学技術フォーラム, 2010.

  58. 3つの異なる種類の音声認識器を利用した照応解析 [pdf]
    • 嶋田和孝, 棚町範子, 遠藤 勉
    • 電子情報通信学会 言語理解とコミュニケーション研究会(NLC)信学技報, pp. 69-74, 2010.

  59. SVMと逐次学習を併用したHOG特徴による手形状認識手法 [pdf]
    • 武藤亮介, 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 電子情報通信学会, パターン認識・メディア理解研究会(PRMU), 信学技報, Vol. 109, No.470, pp. 459-464, 2010.

  60. 顔特徴とコンテキスト情報に基づく顔の隠れに頑健な人物識別 [pdf]
    • 山口純平, 嶋田和孝, 榎田修一, 江島俊朗, 遠藤 勉
    • 電子情報通信学会, パターン認識・メディア理解研究会(PRMU), 信学技報, Vol. 109, No.470, pp. 25-30, 2010.

  61. 複数の音声認識器とマーカを用いたマルチモーダルインターフェース [pdf]
    • 武藤亮介, 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 情報処理学会創立50周年記念 第72回 全国大会, Vol.4, pp. 111-112, 2010.

  62. 階層化された複数の音声認識器を選択的に利用する音声理解手法 [pdf]
    • 横山貴彦, 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 情報処理学会創立50周年記念 第72回 全国大会, Vol. 2, pp. 247-248, 2010.

  63. レビューの構造と評点を利用したアスペクトと語の対応付け [pdf]
    • 山海匡史, 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 言語処理学会第16回年次大会(NLP2010), pp. 591-594, PA2-30, 2010.

  64. アスペクトごとの文の重要度と類似性判断に基づく複数レビューの要約 [pdf]
    • 唯野良介, 嶋田和孝, 遠藤勉
    • 言語処理学会第16回年次大会(NLP2010), pp. 587-590, PA2-29, 2010.

  65. 事実と主観のアスペクトに基づく情報要約 [Poster]
    • 嶋田和孝, 唯野良介, 波多野 匡, 山海匡史
    • NLP若手の会 第4回シンポジウム

  66. 関連性理論を適用した先行詞同定
    • 峯脇さやか, 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • NLP若手の会 第4回シンポジウム

  67. レビューの構造と評点に着目した関連項目抽出 [pdf]
    • 山海匡史,嶋田和孝,遠藤 勉
    • 第17回電子情報通信学会九州支部学生会, 2009, 9.

  68. 顔特徴と衣服特徴に基づく人物識別 [pdf]
    • 山口純平,嶋田和孝,遠藤 勉
    • 第17回電子情報通信学会九州支部学生会, 2009, 9.

  69. レビュー文のアスペクト分類における機械学習器の精度比較 [pdf]
    • 波多野 匡,嶋田和孝,遠藤 勉
    • 第17回電子情報通信学会九州支部学生会, 2009, 9.

  70. 複数の認識器を選択的に利用する音声理解手法のマルチモーダルインタフェースへの適用 (学生会講演奨励賞を受賞)[pdf]
    • 横山貴彦,嶋田和孝,遠藤 勉
    • 第17回電子情報通信学会九州支部学生会, 2009, 9.

  71. 施設内生活支援ロボット知能の研究開発 -作業計画に関する知能モジュール群の開発(第2報)-
    • 大橋 健, 小田謙太郎, 嶋田和孝, 榎田修一, 江島俊朗
    • 第27回日本ロボット学会学術講演会, 2009.

  72. 関連性理論を適用した照応解析-先行詞に関する考察-
    • 峯脇さやか, 嶋田和孝, 遠藤勉
    • 情報処理学会 自然言語処理研究会 2009-NL-192 2009.

  73. 対話型ロボットのための口領域動画像と音情報に基づく発話推定 (学生奨励賞を受賞)[pdf]
    • 元吉大介, 嶋田和孝, 榎田 修一, 江島俊朗, 遠藤 勉
    • 情報処理学会 第71回全国大会, 5T-3, pp. 429-430, 2009.

  74. タグ付けツールによる評判情報コーパスの作成支援 [pdf]
    • 唯野良介, 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 情報処理学会 第71回全国大会, 1S-3, pp. 263-264, 2009. (to appear)

  75. USBカメラとマーカを用いたハンドジェスチャ認識 [pdf]
    • 武藤亮介, 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 第16回電子情報通信学会九州支部学生会, 2008, 9.

  76. タグ付けされた評価表現の分析ツールの開発 [pdf]
    • 唯野良介, 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 第16回電子情報通信学会九州支部学生会, 2008, 9.

  77. 複数の音声認識器からのシンプルで高精度な認識結果の選択手法 [Poster]
    • 嶋田和孝, 宇津巻彰
    • NLP若手の会 第3回シンポジウム

  78. 施設内生活支援ロボット知能の研究開発 -作業計画に関する知能モジュール群の開発-
    • 小田謙太郎, 大橋 健, 嶋田和孝, 榎田修一, 江島俊朗
    • 第26回 日本ロボット学会 学術講演会、2008, 9.

  79. ロボットとの対話のための発話推定に関する事例研究 [pdf] [Poster]
    • 元吉大介, 嶋田和孝, 榎田 修一, 江島俊朗, 遠藤 勉
    • 画像の認識理解シンポジウム MIRU2008, pp. 1015-1020, 2008.

  80. 対話型ロボットのための口領域動画像に基づく発話推定 [pdf]
    • 元吉大介, 嶋田和孝, 榎田 修一, 江島俊朗, 遠藤 勉
    • 人工知能学会第22回全国大会, J1-04, 2008.

  81. 階層非循環有向グラフを用いた文章の類似度に基づく評価文抽出 [pdf]
    • 橋本大吾, 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 言語処理学会第14回年次大会論文集, pp. 725-728, 2008.

  82. 複数の音声認識器に基づく効果的な音声理解手法 [pdf]
    • 嶋田和孝, 堀口怜美, 遠藤勉
    • 火の国シンポジウム2008, B1-1-1, 2008.

  83. Seeing several stars: レビュー中の複数の評価値を推定するタスク [Poster(2ページ)]
    • 嶋田和孝
    • NLP若手の会 第2回シンポジウム

  84. 複数の分類結果に基づく映画レビューの極性判定 [pdf]
    • 堤 公孝, 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 第21回人工知能学会全国大会, 1G2-3, 2007.

  85. 複数の評価項目を持つレビューの評価値の推定 [pdf, pdf(Poster)]
    • 嶋田和孝, 小濱祐樹, 遠藤 勉
    • 言語処理学会第13回年次大会論文集, pp. 700-703, 2007.

  86. 対話システムにおけるユーザの発話意図推定 [pdf]
    • 岩下 薫, 嶋田 和孝, 遠藤 勉
    • 火の国シンポジウム2007 CD-ROM, A-3-2, 2007.

  87. マルチモーダル対話のための頭部ジェスチャ認識 [pdf]
    • 田中太喜, 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 火の国シンポジウム2007 CD-ROM, A-1-5, 2007.

  88. スコアリングに基づく評価文の分類 (奨励賞を受賞) [pdf]
    • 河野勇介, 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 火の国シンポジウム2007 CD-ROM, A-3-4, 2007.

  89. 製品選択におけるグラフ主導型ナビゲーションシステムの構築 [pdf]
    • 桑原健, 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 火の国シンポジウム2007 CD-ROM, B-8-3, 2007.

  90. 複数の分類結果の信頼度を利用したレビュー記事の自動分類 [pdf]
    • 堤 公孝, 嶋田和孝, 遠藤勉
    • 人工知能学会 第63回 人工知能基本問題研究会, SIG-FPAI-A601, pp.27-32, 2006. 9.

  91. 製品選択におけるグラフ主導型ナビゲーションシステムの構築
    • 桑原 健, 嶋田和孝, 遠藤勉
    • 第14回電子情報通信学会九州支部学生会, 2006. 9.

  92. 複数の分類器を用いた映画レビュー記事の自動分類
    • 堤 公孝, 嶋田和孝, 遠藤勉
    • 第14回電子情報通信学会九州支部学生会, 2006. 9.

  93. USBカメラを用いた指先インタフェース
    • 本田和久, 嶋田和孝, 遠藤勉
    • 第14回電子情報通信学会九州支部学生会, 2006. 9.

  94. 単語の属性名らしさを利用したWeb上の表の構造認識 [pdf]
    • 北山翼, 嶋田和孝, 遠藤勉
    • FIT2006 第5回情報科学技術フォーラム, pp. 141-143, 2006.

  95. 対話履歴と事例に基づく発話意図の推定 [pdf]
    • 岩下薫, 嶋田和孝, 遠藤勉
    • FIT2006 第5回情報科学技術フォーラム, pp. 159-160, 2006.

  96. 関連性理論による表意の生成手法と関連性の計算 [pdf]
    • 峯脇さやか, 嶋田和孝, 遠藤勉
    • 言語処理学会第12回年次大会, pp. 296-299, 2006. 3.

  97. Web掲示板からの評価文の抽出とP/N分類 [pdf]
    • 河野 勇介,嶋田 和孝,遠藤 勉
    • 第13回電子情報通信学会九州支部学生会,2005. 9

  98. 表情による心理状態表現を用いた協調的応答生成 [pdf]
    • 岩下 薫,嶋田 和孝,遠藤 勉
    • 第13回電子情報通信学会九州支部学生会,2005. 9

  99. 関連性理論を用いた発話解釈手法:関連性が最大の表意の生成
    • 峯脇さやか,嶋田 和孝,遠藤 勉
    • 電子情報通信学会 思考と言語研究会, 信学技報 2005. 7.

  100. 系列パターンを利用した評価表現の分類とその応用 (奨励賞を受賞) [The pdf file is here]
    • 筬島郁子, 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 火の国シンポジウム2005, 2005. 3.

  101. 類似度に基づく訓練データの獲得とスペック情報の抽出 [pdf]
    • 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 言語処理学会第11回年次大会, 2005. 3.

  102. 表の構造を利用した類義語抽出 [pdf]
    • 関 恒仁, 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 言語処理学会第11回年次大会, 2005. 3.

  103. 系列パターンを利用した評価表現の分類 [pdf]
    • 筬島郁子, 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 言語処理学会第11回年次大会, 2005. 3.

  104. 関連性理論を用いた発話解釈手法の提案
    • 峯脇さやか,嶋田 和孝,遠藤 勉
    • 人工知能学会 言語・音声理解と対話処理研究会 SIG-SLUD A402-11,pp.65-70,2004. 11.

  105. 表からの類義語・同義語抽出 [pdf]
    • 関 恒仁,嶋田 和孝,遠藤 勉
    • 第12回電子情報通信学会九州支部学生会,2004. 9

  106. キーワード抽出に基づく統計的音声発話理解 [pdf]
    • 内田佳孝,嶋田和孝,峯脇さやか,遠藤 勉
    • FIT2004 第3回情報科学技術フォーラム, 2004. 9.

  107. 機械学習を用いたWWWからの製品性能表の分類と抽出 [pdf](修正版)
    • 林 晃司, 嶋田 和孝, 遠藤 勉
    • 言語処理学会第10回年次大会, pp. 733-736, 2004. 3.

  108. マルチモーダル対話における背景情報を考慮したジェスチャ解析
    • 寺迫 洋,中島 英信,嶋田 和孝,遠藤 勉
    • 電気関係学会九州支部連合大会論文集,2003. 9

  109. 単語間の意味的関係を考慮したキーワード抽出に基づく音声発話理解
    • 内田 佳孝,嶋田 和孝,遠藤 勉
    • 第11回電子情報通信学会九州支部学生会,2003. 9

  110. 製品性能表抽出における SVM の適用
    • 林 晃司,嶋田 和孝,遠藤 勉
    • 第11回電子情報通信学会九州支部学生会,2003. 9

  111. Web上の製品性能表における属性クラスタリング
    • 関 恒仁,嶋田 和孝,遠藤 勉
    • 第11回電子情報通信学会九州支部学生会,2003. 9

  112. WWWからの性能表抽出のためのキーワード獲得と重み付け [pdf](修正版)
    • 林 晃司, 嶋田 和孝, 遠藤 勉
    • 電子情報通信学会 思考と言語研究会, 信学技報 2003. 3.

  113. WWWからの製品性能表抽出 [pdf](修正版)
    • 林 晃司, 嶋田 和孝, 遠藤 勉
    • 言語処理学会第9回年次大会, pp. 377-380, 2003. 3.

  114. 製品性能表からの表構造生成
    • 福本 篤史, 嶋田 和孝, 遠藤 勉
    • 平成14年度電気関係学会九州支部連合大会論文集, 2002. 9.

  115. 製品性能表を用いた製品選択支援システムの構築
    • 森松 俊允, 福本 篤史, 嶋田 和孝, 遠藤 勉
    • 平成14年度電気関係学会九州支部連合大会論文集, 2002. 9.

  116. Webページからの製品性能表抽出
    • 林 晃司, 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 第10回電子情報通信学会九州支部学生会,2002. 9.

  117. Web上の画像からの製品領域抽出
    • 片山智央, 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 第10回電子情報通信学会九州支部学生会,2002. 9.

  118. 表からの特徴抽出処理 -他種類データへの適用-
    • 嶋田 和孝, 伊藤 哲郎, 遠藤 勉
    • 電子情報通信学会 思考と言語研究会, TL2001-33, pp. 27-34, 信学技報 2001. 12.

  119. 入力質問文を用いた動的な特徴抽出処理
    • 嶋田 和孝, 伊藤 哲郎, 遠藤 勉
    • 電子情報通信学会 思考と言語研究会, TL2001-1~8, pp. 43-50, 信学技報 2001. 5.

  120. 表層的な情報を用いた画像の内容特定と分類
    • 嶋田 和孝, 伊藤 哲郎, 遠藤 勉
    • 情報処理学会 自然言語処理研究会 2000-NL-139 pp. 55-60 2000. 9.

  121. 特徴化された表データからの要約文生成処理
    • 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 電子情報通信学会 思考と言語研究会 TL99-26~36 信学技報 Vol.99 No.487 1999. 12.

  122. 文書の表層的特徴を用いた照応表現・省略の解析
    • 織田雅也, 嶋田和孝, 植西靖士, 遠藤 勉
    • 平成11年度電気関係学会九州支部連合大会 1999. 10.

  123. 表からの動的な特徴抽出・要約処理のための入力質問文の解析と分類
    • 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 平成11年度電気関係学会九州支部連合大会 1999. 10.

  124. 製品性能表からの特徴データの抽出
    • 嶋田和孝, 遠藤 勉
    • 情報処理学会 自然言語処理研究会 99-NL-133 1999. 9.

  125. 情報抽出のための文書の照応・省略・変形処理
    • 織田雅也, 嶋田和孝, 重松礼恵, 遠藤 勉
    • 平成10年度電気関係学会九州支部連合大会 1998. 10.

  126. マルチメディア文脈処理のための表解析
    • 嶋田和孝, 重松礼恵, 織田雅也, 遠藤 勉
    • 平成10年度電気関係学会九州支部連合大会 1998. 10.

  127. ネットワーク環境における文書検索のための言語処理方式
    • 嶋田和孝, 織田雅也, 賀川経夫, 大城英裕, 遠藤 勉
    • 平成9年度電気関係学会九州支部連合大会 1997. 10.

学位論文

  • 文脈を用いたメディア間の対応付けと情報抽出に関する研究
    • 大分大学大学院 博士論文 2003. 6.

  • マルチメディア文書における文脈処理に関する研究
    • 大分大学大学院 修士論文 1999. 3.

  • 問題解決過程における対話文の解析と生成
    • 大分大学 学士論文 1997. 3.

外部資金など

  • マルチモーダル議論マップの開発と議論内容理解に基づく評価支援
    • 基盤研究(B) 代表者 H29-H31

  • 議論マップとマルチモーダル情報理解に基づく知的対話支援
    • 若手研究(B) 代表者 H26-H28

  • PBL型学習環境における参加者のインタラクション支援
    • 飯塚市大学支援補助金 嶋田和孝 H25

  • 観光情報マイニングのための研究開発
    • 飯塚市大学支援補助金 嶋田和孝 H23

  • 事実と主観のアスペクトに基づく情報要約に関する研究
    • 財団法人 栢森情報科学振興財団 嶋田和孝 H21-H23

  • 複数認識器の統合による音声及び画像の協調理解とマルチモーダル対話システムへの応用
    • 基盤研究(C) 分担者 H21-H23

  • 次世代ロボット知能化技術開発プロジェクト 「施設内生活支援ロボット知能の研究開発」
    • 株式会社安川電機, 国立大学法人九州大学, 国立大学法人九州工業大学, 独立行政法人産業技術総合研究所 H19-H23

  • マルチメディアコーパスと確率モデルを利用したマルチモーダル対話制御に関する研究
    • 基盤研究(C) 分担者 H18-H20

  • テキスト・表・画像の対応構造に基づくマルチメディアコンテンツの要約に関する研究
    • 基盤研究(C) 分担者 H14-H16